スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織部の里

住所は岐阜県本巣市山口676

ここは道の駅で、山門ギャラリーや織部展示館、
お土産特産品ショップなどがあります。

お土産を買ってから、織部展示館へ入館しました。
営業時間は10時~16時までで、入館料は300円です。

館内には織部焼のほか、灯篭、茶室、三英傑との
関わりなどが展示されています。

館内は写真撮影はOKでしたが、暗いので
ISOを上げないといけないですね。

古田織部は・・・・

天文13年(1544年)生まれ。
通称は佐介、織部正、初名は景安。
天正16年(1588年)ころ、重然と改めた。

重定の子で、中川清秀とは従兄弟であった。

織田信長に仕え、天正2年(1574年)、
荒木村重の与力となった。
村重の謀反の時に、村重から離れ、
清秀の信長への降参に尽力した。

本能寺の変後、秀吉に仕え、
数々の戦に参陣。
秀吉の晩年にはお咄衆の一人になった。

関ヶ原の戦いでは東軍に付き、加増を受けたが、
大坂落城後の元和元年(1615年)6月11日に、
豊臣秀頼に通じたという罪により、
家康より切腹を命じられた。

武将としてよりも茶人として有名で、
徳川秀忠の茶の師匠でもあった。


山門ギャラリー
山門ギャラリー

織部展示館
織部展示館

館内の様子
館内1

館内2

館内3

館内4

館内5

館内6

館内7















テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sengokuさのすけ

Author:sengokuさのすけ
史跡巡りと写真を撮るのが
好きな「さのすけ」です。

主な史跡巡りはお寺と神社です。
それ以外は少し気になった史跡を
巡っています。

これらの史跡の写真を載せながら、
簡単に書いていきます。

また、史跡巡りについては
もう一つ、ブログを書いています。
こちらは歴史上の人物の
お墓の紹介がメインになっています。
こちらもよろしくお願いします。

ブログ名は・・・

さのすけの色々日記

最新記事
記事のカテゴリー
読みたいテーマを選んで下さい
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。