スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋東照宮

住所は名古屋市中区丸の内2-3-37

徳川家康が逝去した3年後の元和5年(1619年)9月17日、
徳川義直が名古屋城内の三の丸に家康の神霊を祀るために、
東照宮を造営したのが始まりである。

創建時は境内は3600坪もあり、社殿は、権現造りで、
内外に彩色がほどこされた壮麗なものであったという。

明治維新後、名古屋鎮台が名古屋城内に設置されることになり、
明治9年(1876年)10月、名古屋東照宮は
旧藩立校明倫堂跡の現在地に遷座された。

創建以来の権現造の本殿、楼門、唐門、透塀などの
建物が移築され、当時の国宝に指定されている。

しかし、昭和20年(1945年)の空襲で、全て焼失した。

現在の本殿はかつて、義直の正室・高原院(春姫)の霊廟として、
慶安4年(1651年)に万松寺内に建てられたもので、
その後、大正3年(1914年)尾張徳川家の菩提寺・建中寺に
移築された後、
昭和28年(1953年)名古屋東照宮の社殿として移築された。

今回が2回目の訪問でした。
何人かの方がお参りされていて、
中には僕と同様、写真を撮っている方もいました。


東照宮鳥居
東照宮鳥居

東照宮社殿説明板
東照宮社殿説明板

由緒記
由緒記

唐門と透塀
唐門と透塀1

唐門と透塀2

唐門と透塀3

唐門と透塀4

本殿
本殿



テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

sengokuさのすけ

Author:sengokuさのすけ
史跡巡りと写真を撮るのが
好きな「さのすけ」です。

主な史跡巡りはお寺と神社です。
それ以外は少し気になった史跡を
巡っています。

これらの史跡の写真を載せながら、
簡単に書いていきます。

また、史跡巡りについては
もう一つ、ブログを書いています。
こちらは歴史上の人物の
お墓の紹介がメインになっています。
こちらもよろしくお願いします。

ブログ名は・・・

さのすけの色々日記

最新記事
記事のカテゴリー
読みたいテーマを選んで下さい
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。